FC2ブログ
今日もどこかで一日一【迅】

お口くちゃい>< 【神印30屍臭病予防】 忍ソロ
微妙なタイトルではじまりました今回のお話。

アトロポスオーブ(獣神印章30枚)
屍臭病予防 -Contaminated Colosseum-
エリア:ホルレーの岩峰
制限:Lv制限無し
制限時間:30分
制限人数:6人
敵:Evil Oscar×1

赤ソロでクリアってのは結構耳にすると思うのですが
忍ソロはあまりというか全然?あまり調べてないですが
見当たらなかったのでコレはやるっきゃないって理由で
モルボルBC忍ソロしてきました。

このモルボルは「Evil Oscarは、臭い息を溜め込んでいる…。」
のログが3回出た後、即死効果の生臭い息を使用してきます。
問答無用で逝けるそうです。どれだけ臭いのかと…。

このくちゃい臭い息は発動まで若干の余裕があるらしく
避けれるらしいという情報があったので勝算は0じゃないのです。

この息以外に厄介なのは通常攻撃に追加ヘヴィがあることですね。
これは攻撃全て避ければいいので問題にはならないと思いました。

全部避けるぞ!という意気込みがあったと捉えて下さい…。


忍/シ
食事:スキッドスシ+1
薬品:ハイポ11 ペルシコスオレ3 バイル バイル+1
毒薬1Dと1 万能薬1D イカロスウィング

今回徹底した事(一部徹底されてなかった)
・戦闘序盤を除きWSは天を使用する。(迅だと硬直長いので危険と判断)
・甘い息対策に毒は欠かさない。(睡眠>臭い息>ちくしょーの可能性を低くする)

制限時間ある上に敵が鎮座してる場所までホルレーは遠いので少しでも
時間短縮する為にとんずらでモルボルの位置までダッシュで向かいました。

服毒>オレ>イカと使用し暗闇の術から戦闘開始。

最初にイカ使ったのは後半になると臭い息を溜め込むペースが早くなるので
多段で硬直が長い忍者最強のWS迅撃ちにくくなると思い序盤に叩き込む為です。

忍術のレジは今回杖なしではありますがスキル301で
かけてたのでそれほどレジはひどくありませんでした。
ちなみにビビアンにも呪縛入らないしコレもかな?
と思い呪縛は触媒すら持っていきませんでした。

回避の方は強めのNMやってる感じでそこそこ素避けする程度。
余裕があるとまではいかないです。

序盤は臭い息ためるペースかなりスローリーでしたので
天は撃たず迅撃ってました。

中盤以降から臭い息をためるペースかなり早くなり
殴っては逃げ殴っては逃げの繰り返し。

ですが後半になればなるほど蝉回しは楽です。
3回目のためるのログが出たらダッシュし毎回蝉壱or弐を
張り直してたのですが生臭い息の硬直でモルボルが
動かない瞬間があるので余裕をもって張りなおし出来ます。
20070320040032.jpg

モルボルのHPが@2-3割程度なってからのペースすごかったです。
とにかく息ためまくりんぐ。(過呼吸症候群なるぞ?)

1-2セット殴ってはダッシュ、TPたまったら頃合を見て天発動。
中盤以降は迅は危なくて撃てませんでした。

そんな事を繰り返しつつHPが@2mmまで来ました!

もう迅で倒せるだろうと思い撃ったら倒せませんでした…。

モルボル<生臭い息の構え
筆者<ちょwwwwまっっっtっ

間一髪避けれました!
危ない危ない…。
モルボルをブログのネタにするつもりなのに自分がなるとこでした。

次の1セットの殴りで倒せたのでギリギリ迅のダメが足りなかった模様。
20070320041125.jpg

時間計って無かったので箱までダッシュ!
20070320041659.jpg
パカーッ

使った薬品:イカロス ペルシコス3 毒薬7
被弾:0
タイム:21分54秒
戦利品:モルボルガーのつる・オスカースカーフ・エボカーブーツ
モルボル粘菌・雄羊の角・ダマスクインゴット(イヤッホゥゥッゥ!)

モルボルが使用してきたWSにも助けられましたがクリアは可能のようです。
生臭い息以外に使用してきたWSはくしざしのみで1度だけの使用でした。
生臭い息を不発にさせるとTPがリセットなのかもですね。

クリアタイムに関しては一撃避けに自信がある人なら
もっと早くクリアはできるでしょう。
要は生臭い息の構えのログが出たらダッシュすればいいだけです。
ですが毒薬飲んでても甘い息きた場合すぐさま起きるわけでもないので
少しでも事故を減らすなら多少は慎重に行くといいと思います。

それにしても壷BCでスピベ出るという噂ありますが
今回はこっちに挑戦してよかったかなーって思える結末です。

しかし本当の結末は…
20070320042459.jpg
ガサゴソ…。倉庫番長に金目のもの全て持って行かれました。
スポンサーサイト



Copyright © ぽに。. all rights reserved.