今日もどこかで一日一【迅】

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テメ北!白素材を!
アルタユはもったいない過疎エリア

帰宅したのが午前3時付近。
土曜日も昼から仕事だし短時間で何か…

ぴこーん

リンバス行って白素材を取ってこやう!
アポリオン:ベネディクトヤーン
テメナス:ベネディクトシルク
wikiで調べてみたところソロで取れそうなのは
アポの場合だとSE以外(SEは最終層の箱からしかないっぽ
テメの場合だと北と西2~3層、5~6層のもより。
テメナス北塔を攻めてみる事にしました。
白素材なので白で…?とも考えたけど面倒くさそうなので踊り子ソロ。
なんだかんだ言ってもこまちのメインは踊り子で力の入ったジョブだしにぁ。

テメ北は忍ソロでも有名なところだと思います。
1層の戦ゴブ2匹ぬっ殺して金箱を開ければ忍素材ぽろりもあるよっですから。
でも今回は白素材ぽろりもあるよっを大期待です。

テメ北にインしてまずは戦ゴブ2匹倒す事がノルマとなります。
ここで問題になるのは戦ゴブが鎮座する部屋の手前をうろうろする赤ゴブ×2
こやつらは見破り持ちなので上手い具合にぬるーしていかなければならぬ。
上手い具合の部分はググレks
赤ゴブの挙動をよく見て進めば問題なっしん。
…もし赤ゴブに絡まれても別に倒せば良いだけですけどもん。

テメ北1

ものすごく弱い:(;゙゚'ω゚'):
さすがにLv85にもなるとヘイスト装備でも避けまくるしでさくさくの助(・ω・)
戦ゴブの2hまいちーすとらいくの時はビビって回避装備したけど!
I am チキン。
鶏の唐揚げは好物です。

1匹目の戦ゴブを倒したらレーダーで目安をつけ絡まれないようにダッシュ。
小部屋から直進し坂をうろうろする赤ゴブに見つからないように登り2匹目の戦ゴブめっけ。
そのまま戦ゴブのいる一段下がった広場に行き戦闘開始U>ω<)ノ
2匹目もさくっと倒し3つの箱が出現→ねこまっしぐら→金箱くぱぁ。

白素材こたー!

ぽろりきたーー♡
初っ端から白素材ゲトですよマジktkrってレベルじゃねぇ。
とりあえず今回の目的は達成したけどもう少し進行してみませう。
2層への扉を開くトリガーは赤ゴブなので2hの連続魔がうざっ!となりつつも撃破。

2層目は巨人エリアで中央の広場に3匹、その周りをモンク巨人さんがふらふら。
中央の3匹はどうしたってリンクした気がするのでモンクだけ倒して3層へ行きましょう。

テメ北2

2hの百烈拳に軽くビビりが入り回避装備に。
でも特別危なくなるような事も無かったのでビビるのが損な雰囲気。
シャドステバインドも視野に入れていたけど素避けしまくりでした。

ほいでもって3層へ進みサハギンエリアに突入。
サハギンエリアだと白吟が箱トリガーでモ竜が扉トリガー。
時間的にもこの3層でたいむあっぽしそうだったので白吟を倒す事が目標。
まずはモンクがうろうろする場所に白がいるのでリンクしないように釣りっとな。
白は釣ると魔法を唱える率が高いのでモンクがリンクしない位置かつ
数秒止まる位置に到着しそうな時を狙って(*'-')ノ⌒卍

うむ弱い。
女神の祝福が来てもアビセアのとんでもHPに慣れた身としてはふーん?で?っちぅレベル。
そしてお次は吟を倒したいわけですが隣りの部屋へ行くにはどうしても竜がお邪魔虫。
仕方が無いので倒します。2hで呼ばれる小竜も倒します。
モンスターの隆起しはいつまで経っても2hがこーるわいばーん。
本体の小竜とオプションの隆起しを倒したらモンクに絡まれ&リンクしないよう吟を釣り。
吟も歌を~♪するので白を釣る時と同じような要領で(*'-')ノ三卍)*`ω´)<プギィ

テメ北3

吟を倒したところで@2分でした。
そして箱トリガーでもある2匹を倒したので3つの箱がぽっぽ。
迷うことなく金箱くぱーーーー。
素材は何だろう?こまちには必要無さそうである・⌒ヾ(*´_`)

こんな感じで第1回臼装備強化 in リンバスは終幕。
古銭の合計は12枚でした。
次のリンバスはアポリオンへ行こうと思います。
どこへ行こうかなぅ。
黒でNWかNEに踊り子で…かのどっちかかなぅ。
SWだと1層はともかく2層がだるすぎるのでやっぱりNWorNEの2択になりそうでございます。
超絶久々にリンバスを楽しみました。
考えてみると良コンテンツねー。

ちなみに白AF1の強化は手→胴→気力があれば脚の予定。
捨てなくて良かったAF1手ですよまったくもって。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © ぽに。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。